≫English
≫Chinese
  HOME > 製品案内 > 引抜鋼管とは
| HOME | 会社案内 | 製品案内 | 設  備 | アジア事業 | 社内活動 | 採用情報 | お問合せ |
◇ 製品紹介
◇ 引抜鋼管とは
◇ 製造範囲
PIC(連続伸管)について

新日本製鐵鰍ナ開発された、熱間仕上げ巻取り鋼管PIC(Pipe in Coil)を素管
として、これをコイルのままキャレッジにより連続伸管し、走行切断、矯正磨管
を経て製品とする。本方式は機構上、断面減少率を多くとれると同時に、操業
条件も安定し、より均質な製品の供給が可能となります。
 1.寸法精度が良い (レンジ 0.03o 〜 0.05o まで可能)

 2.肌が
美麗 (鏡面仕上げ)

 3.
特殊形状・サイズが作れる (製品案内参照

 4.
少量多品種に対応容易

 5.
材質(強度等)の調整が可能
引抜鋼管の特徴
引抜鋼管は、下の写真に出ている機械(伸管機)を使用します。

Copyright (C) ASAHI STEEL TUBE CO., LTD. All rights reserved.

「超硬ダイス」「超硬プラグ」を希望のサイズに組み合わせることにより

どんなサイズのものでも製作することができます。

引抜鋼管とは

磨管
走行切断
矯正
キャレッジ
伸管
ショットブラスト
矯正